お知らせ

歯科衛生士さん募集

当院では、歯科衛生士さんの募集を行っております。
地域医療を通して、住民の健康増進に寄与する歯科衛生士さんならではの『目線』を求めています。

応募資格歯科衛生士免許をお持ちの方
歯科衛生士学校、大学歯科衛生学科等卒業見込みの方
雇用形態正職員
仕事内容歯科衛生士業務、受付業務など
勤務日月・火・水・金・土曜日
休診:木・日曜・祝日・年末年始・夏季休暇
勤務先いけだ歯科医院
勤務開始日既卒の方:随時
新卒の方:2019年4月1日
面接日随時
選考方法面接・書類選考
勤務時間8:30~19:00(土曜日は17:00まで)
給与正職員 新卒240,000円~(3年目以降260,000円~)
パート 時給1,200円
昇給年1回
賞与年2回
通勤費全額支給
退職金制度あり(当院規定による)
社会保険雇用保険・労災保険

◆応募方法

電話連絡の上、履歴書をご郵送ください。見学は随時可能です。
〒226-0018
神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台5-25-13-102
TEL 045-982-8148

(2018.8.9[Thu])

歯科治療、体調管理が重要です。

本日、医療安全対策講習会に参加し、
偶発症に対する緊急時の対応等について聴講してきました。

一般的な歯科治療であっても、
さまざまな偶発症が生じる可能性があります。

脳梗塞既往のある方が歯科治療中に再び脳梗塞を発症した例、
局所麻酔薬を注射直後、血圧が200mmHg以上に急上昇した例、
喘息既往がある方が歯科治療直後に喘息発作に至った例、
などが紹介されていました。

最近暑い日が続いています。
歯科治療に対する精神的な緊張から、
予約日前夜の睡眠不足等で血圧の変動が大きくなったり、
当日食事を摂らないことで脱水症状を起こし、脳梗塞発症のリスクが高まります。
また、降圧剤などの常用薬の服用を忘れて歯科受診されたりするのは、
非常に危険です。
特に、緊張を強いられやすい抜歯などの際は注意が必要です。

落ち着いて、普段通りにお過ごし頂く事が肝要です。

2018.8.5[Sun]

教育研修会に参加してきました。

7/21(土)、22日(日)の2日間、
日本口腔外科学会の教育研修会に参加して来ました。
主題は、
『高齢者、有病者の口腔外科診療を考える』でした。

近年の我が国において超高齢化社会を迎える中、
何らかの持病がおありの方が当院にお越しになるケースが大変増えているという実感があった事が、研修会参加の動機でした。

2日間、参考になる話題がたくさんありましたが、
中でも興味深かった講義が、薬剤の話でした。

今まで問題なかった方、特に気管支喘息の既往がおありの方が
鎮痛剤を用いたことで、
急に鼻水や鼻づまり、激しい咳、息苦しさを生じる方がいらっしゃいます。

『アスピリン喘息』という名前をご存知でしょうか?
アスピリンや、アスピリンと同様の作用を持つ鎮痛剤などにより誘発される喘息の事です。
30~50歳台の成人の方で、男女比は2:3と報告されています。
中には、ご自身の状態に気づいていない潜在型の方も相当数いらっしゃるともいわれています。

アスピリン喘息の発作は、非常に重症な場合が多いので、鎮痛剤の服用には注意が必要です。

歯科治療においては、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉腫脹など、鎮痛剤の服用機会は決して少なくありません。
些細な事でも結構ですので、既往歴、薬剤副作用については、必ずお知らせ下さい。

安全な医療を提供させて頂くためにも、患者様と医療機関の協力が不可欠です。

これからも、
今まで以上に、
安全対策にしっかりと取り組んで参ります。

2018.7.22[Sun]

避けられたケガ、避けられなかったケガ。

先月29日、気象庁は関東甲信地方が梅雨明けしたとみられると発表しました。
これから、いよいよ夏本番。
旅行やスポーツ、レジャーが楽しみな季節です。

一方、この時期心配なのが、ケガです。
  ・プールサイドで足を滑らせ転倒、前歯が折れた。
  ・プールに飛び込み、人の頭に当たり、歯が折れた。
  ・公園の遊具から落下、歯肉から出血している。
  ・登山中に転倒し、顎を骨折。
  ・ビアガーデンの帰り、歩道橋で転倒、唇を縫った。

唇や舌を切ったり、歯が折れたり、口の中に何かが刺さったりと、
顔面外傷はさまざま起こりますが、
中でも、顎骨骨折は本当に大変です。
あるデータによると、
顎骨骨折の約半数が交通事故によるものだそうです。
運転中、パパやママのみがシートベルトを着用し、
お子さまは抱っこ、後部座席で飛んだり跳ねたり…。
シートベルト、チャイルドシート未着用の子を見ると、
本当に背筋が凍る思いです。

万が一の際は、
些細な事でも結構ですので、ご相談ください。
かつて口腔外科に所属し、
救急医療に従事していた経験を活かし、
小さな診療所として、可能な限り対応します。

2018.7.1[Sun]

大変、心苦しいのですが…。

通常、皆様が歯科を受診するのは、何かしら不具合が生じた場合でしょう。
当院での実例です。
・抜歯が必要な巨大むし歯だが、出産を間近に控えている。
・通院に数か月を要する状態だが、海外転勤が間近に迫っている。
・夏休み中に親知らずを抜歯したいと、8月下旬にご相談に見える方。
・孫の結婚式に間に合うよう入れ歯を新調したいが、式が来週だ。
・明日から語学留学だが、いつ痛み出しても不思議のない歯が複数。
・明日からお泊り保育で保育園に1泊するが、子供が歯を痛がっている。
・明日、学校の歯科検診なので、今日中にすべての虫歯を治せないか?
・アポなしで朝一番に来院された会社員の方、『9時半までには出たいんだが…。』
・『今日、運動会の代休で時間が空いたのですが予約空いてます?』

医療機関として何かお手伝いをさせて頂きたくても、
実際は、いろいろな条件で、ご要望に添えない場合も少なくありません。
早めの対応、計画的な受診を検討しましょう!

2018.6.3[Sun]

学会に参加してきました。

甲府市で開催された日本口腔外科学会関東支部学術集会に参加してきました。
各口腔外科関連施設から興味深い様々な演題が発表されていました。

 ・頬部腫脹を調べたら炎症ではなく悪性リンパ腫だった
 ・抜歯後の止血困難で発見された遺伝性の血液凝固異常
 ・骨粗鬆症薬を服用している方の顎骨壊死について
 ・口や歯の周りに生じた良性・悪性腫瘍や炎症の話
                  ・・・等々。

知識を深める事の出来た大変有意義な1日でした。
これからも常に視野を広げながら、日々の診療に当たりたいと思います。

2018.5.27[Sun]

歯科検診を活用しましょう!

清々しい季節になりました。
この時期、保育園や幼稚園、各学校で歯科検診が行われます。
  『むし歯、もしくはむし歯の疑いがあります。』
  『歯垢が付着しています。』
  『要注意乳歯があります。』
    ・・・等々、結果はさまざまです。

検診結果を受けて、
早めに歯科医院を受診される方がいらっしゃる一方で、
寒い季節になってから、春先の検診結果用紙を持って、
ようやく受診される方も少なからずいらっしゃいます。

過去には、
『歯がすごく痛くて。明後日センター試験なんです。』
なんて方も・・・。

検診結果で歯科医院受診の指示があれば、
大事に至らないうちに、必ず、早めに最寄りの歯科医院を受診しましょう!

2018.5.20[Sun]

常に心掛けていること

早いもので、今年も3月半ばです。
昨日は東京で桜の開花が発表されましたが、
桜よりも花粉症との格闘に季節を感じながら、日々診療しています。

そんな中、当院に初診で来院された方々にお話を伺うと、
・歯が痛み、近所の歯科に駆け込んだら、何の説明もなく歯の神経を取られた。
・歯の詰め物が外れ、近所に受診したら、自費のセラミック治療以外方法がないと言われた。
・数回の通院治療を受けたが、何をされているのか全く分からず、症状が取れない。
・『この歯は抜くしかない』といわれ、執拗にインプラントを勧められた。
・担当医が院長、代診、日替わりで、受診の度に方針が二転三転し、不安だ。
   ・・・等々。

個々の経緯が必ずあったでしょうし、
治療の内容も、拝見する限り、何か明かな問題があった訳ではありません。
ただ、少なくとも患者さんにご理解頂けていないとなれば、
自戒の念を込めて、これは主治医の説明不足です。

当然のことですが、当院の心がけとして、
複数の選択肢、メリット、デメリットを可能な限りご説明するようにしています。
また、語弊があるかも知れませんが、患者さんにとって逃げ道になる選択肢も、
そこに含めるようにしています。

口腔外科で仕事をさせて頂いていた時、
全身麻酔での手術方法や輸血について、また血液検査の結果を踏まえた治療方針のご説明などをする場が多くありました。
その都度、私なりに精一杯対応をしたつもりでしたが、
当時の上司から、
『患者さんやご家族には、こちらがお話しした内容の3割しか伝わってないと思え!』と、
言われた事がありました。
この教えを肝に銘じ、
また明日から、診療に臨みたいと思います。

2018.3.18[Sun]

いけだ歯科医院 〒226-0018 神奈川県横浜市緑区長津田みなみ台5-25-13-102
ご予約・お問い合わせは045-982-8148
Copyright (C) 2015 IKEDA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.